スタッフのご紹介

WMA認定のインストラクター

スタッフ一覧

  • David E Johnson


    • パプリカ(イエロー) 写真

           


       もう30年以上も前のことになりますが、僻地と呼ばれる場所や過酷な自然環境下で働き、活動し、そして生活をする特定の人々を対象とし、彼らが必要とする実用的な医療トレーニングを提供する為に我々Wilderness Medical Associates International (WMAI)が誕生することになりました。


       当時の一般的なファーストエイド(救急法)は彼らの求める特別な需要を満たすのに十分ではありませんでした。そこで、最新で最良の科学的研究に基づいた内容で、野外活動と医療教育の経験を持つ(特定の)人々の手よって教えることのできるカリキュラムを開発し発展させ、また定期的にアップデ―トすることが、我々のミッションとなったのです。そのミッションは今日も変わることはありません。


       北アメリカにおける団体の発足自体は決して華やかなものではありませんでしたが、その後に順調な成長を遂げ、今日では5大陸にそれぞれ支局を設ける国際組織へと発展を遂げることができました。このような世界への普及の原動力となったものは、おそらく我々WMAIの“思い“ではないでしょうか。信じることで成し遂げられた、そのことに各国の人々に共感して頂いたからだと信じています。これらの相互的努力により、現在ではパートナーシップを通じてWMAIカリキュラムは現地の人々の手により現地の言語で教えられています。日本支局である“一般社団法人 ウィルダネス メディカル アソシエツ ジャパン(WMAJ)”と同様に、ブラジル、中華人民共和国、アイスランド、台湾、タンザニアでも現地の人々によって(管理される)各支局が設立され、パートナーシップが結ばれています。また現在、イタリヤとタイにおいても支局の設立準備が行われています。各国で活躍中のWMAインストラクターの多くは、各支局の設立後に現地で開催されたWMAIコースの卒業生で構成され、インストラクターのローカライゼーション(各国における養成)も着実に進んでいますが、同時にWMAIは各国のインストラクターを可能な限り北米へ招き、北米式のトレーニングや研修を受講させることにも力を入れています。


       WMAJはWMAIにとっては2番目のパートナーシップ団体です。その発足から3年が経過しましたが、この3年の間には北米以外では初となる公式のインストラクター研修プログラムを開催し、その研修内容は北米インストラクター研修の全ての要素を含む、正式な研修プログラムの成功例となりました。またWMAJは国内の幅広い顧客層に訴えかけ、特に野外活動関係や医療関係の諸団体へ協調的に語りかけ続けています。その意味においてもWMAJは、WMAIカリキュラムの発展と普及のモデルケースとなっています。


       私はこれまでにプロフェッショナルとして、また個人として世界各国の人々との友情を育んできましたが、彼らからの国際的な協力により、WMAIカリキュラムの真価を世界に伝えたいと言う、私の個人的な夢が達成されました。パートナーとしてお互いに協力することでWMAIカリキュラムとトレーニングプログラムの価値を様々な人々へ訴え続けてきましたが、彼らの努力があったからこそ、現地の人々が真に必要とする内容へとカリキュラムを修正することが可能となったことも強調させて頂きたいと思います。

       これらの機会に恵まれたことを謙虚に受け止め、またこの場を借りて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。

    ページのトップへもどる

  • 太田 拓野(Takuya Ota)


    • パプリカ(イエロー) 写真


       

      パプリカ(イエロー) 写真


       


       日本で高校を卒業後、アメリカ・ネバダ州立リノ大学に入学、運動学を学び、その後カナダ・ブリティッシュコロンビア州立トンプソンリバー大学でアドベンチャーツアリズムを学ぶ。

       就学中、夏シーズンにスイス・オーストリア・イタリア・フランスのアルプスでハイキングガイドを始め、合計6シーズン働く。また南米チリでアドベンチャー観光のコンサルタントとして政府の下で働く経験も得る。

       2006年、大学卒業後は北米最大のスキーリゾート、ブリティッシュコロンビア州のウィスラーに移住し、ガイドやスキーパトロールとして活動し始める。2011年に救急救命士学校に入りBC州Emergency Medical Responderの免許に合格し、同時にWilderness Medical Associates Internationalのインストラクターとして北米と日本で野外・災害救急法を教え始める。

       2013年にはBC州Primary Care Paramedicの免許に合格し、British Columbia Ambulance Serviceで救急救命士として活動を開始、現在はウィスラーの救急ステーションで働き、冬はスキーパトロールとしても活動。カナダ・アメリカ・スイス・日本でWMAの野外・災害救急法を日本語と英語両方で教えている。


       アメリカの大学に入学後、登山やロッククライミングにはまり北米や南米の山や岩を登りまわる。スノーボードにもはまるが怪我の多さとバックカントリーでの動きに不自由さを覚えて、スキーに移行。今もスキーは修行中。急斜面大好き。カヌーやシーカヤックにここ数年目覚め、BC州沿岸や湖を漕いでまわる。また自転車の旅も好きで、カナダから南米まで6ヶ月をかけて旅をしたり、カナディアンロッキーのジャスパーからバンフまで自転車で行くことも。テントで生活をしていたことが長くあり、特技はどこでも寝れること。あと、なんでも美味しく食べれる。というか何でも美味しいと感じてしまう味音痴。自分で作るオーブン料理はマジで最高。最近はもっぱらいろいろなトレーニングを受講することが楽しみで、いろいろな分野の講座やワークショップに顔を出している。


       今年の2月に子犬を飼い始め、可愛さにメロメロ中です。

    ページのトップへもどる

  • 横堀 勇(Isamu Yokobori)


    • パプリカ(イエロー) 写真


       

      パプリカ(イエロー) 写真


       


       小さい頃から非常に落ち着きがなかった私は、いつも怪我ばかり。交通事故で車の下敷きになったことや、木から落ちて肩を脱臼したことも。ある時には頭を何針も縫う大怪我も。幸運にも小学生まで死なずに済んだ私はモトクロスバイクに乗り始め、中学時代にはMTBで山岳ツーリイングに出かけるようになりました。山を荒らしまくったバチがあったのか奥多摩の登山道からMTBと共に崖へ転落。たまたま木に引っかかり一命を取り留めました。救助を待つあいだの記憶はほぼゼロ。しかし寒さと不安感、そしてロープで降りてくる救助隊を見た時の安堵感は今でも忘れられません。


       これまでに自分の命を守ってくれた人々への感謝の気持ちからか、その後は人の命を守る職業への憧れが芽生え、高校時代からはライフガードとして活動(その後10年間続けるようになります)。また大学時代は自然への憧れもあり、バイクでの日本縦断や登山など、行動範囲は広くなりました(流石に落ち着きも出て、怪我はなくなります)。そんな中、自然への理解をより深める為、カナダ東部へ単身留学します。カールトン大学にて環境学を専攻。そして、人の命だけでなく自然を守ることも自分の使命だと感じるように・・・。


       大学卒業後はロッキー山脈へ移動。より高度な山岳技術を得る為、Yamnuska Mountain Skills Semesterを受講。しかしこの時、肺結核に犯されていることが判明し、抗生剤による治療を受けつつも山岳トレーニングを続行。(その後6ヶ月間、汗もオシッコもオレンジ色の日々でした)。耐えた甲斐あってか、四季を通じた様々な状況下での山岳技術を身に付けることができました。トレーニングの中で最も衝撃を受けたものはWilderness Medical Associates Internationalが教えるWilderness First Responder(野外・災害救急法80時間コース)でした。ライフガード時代にファーストエイドは叩き込まれてきたはずなのに、自分がいかに無知であったかを思い知らされました。


       帰国後は静岡の自然学校に就職。富士登山や樹海洞窟のガイド業、また国際的な環境教育事業にも携わりました。当時はまだ北米のように体系化された野外専門の救急法は日本に存在しない時代だったので、この頃から日本での野外に特化した救急法の必要性を訴えるようになります。


       時は過ぎ、更なる大自然を欲し再度カナダへ渡ります。カナディアンロッキーのガイドになるべく、Association of Canadian Mountain Guides資格を取得。またカナディアンロッキーにてYamnuska Mountain Toursのガイドとして5シーズン、ガイド技術を磨くことになります。ロッキーの大自然を前に、野外・災害救急法の普及の必要性を強く感じ、この頃から日本で開催され始めたばかりのWMAコースに通訳として関わり始めます。


       その後、東日本大震災を目の当たりにし、都市型ファーストエイドの限界を思い知らされます。多くの人々が野外・災害救急法をマスターすることが出来れば、これから起こり得る未曾有の災害にも対応できる、そう信じ自らがインストラクターになる道を決意。再度カナダに渡り認定を受け、WMAインストラクターとして登録。同じく認定を受けたスイスアルプス山岳ガイドの太田拓野(現在はWMAJ共同代表)と共に、その後、WMA日本支局であるWMAJを設立することになります。


       WMAインストラクターである為には、ガイドレベルのアウトドアスキル、教育者としての経験、また医療経験が必要になります。カナダのガイド資格に続き、公益社団法人日本山岳ガイド協会のガイド資格も所得。また不足していた医療資格と経験を補うため、今度はアメリカに渡りコロラド州で救急救命士のスクールに通い、EMT(救急救命士)資格とWEMT(野外救急救命士)資格を取得。(現在でも医療資格の更新の為、3年に一度の間隔でアメリカに渡りレーニングを受け続けています。)現在はカナディアンロッキーからは遠ざかってしまいましたが、今は外国人を対象に日本国内の山々のガイドをしています。

       以上が私のヒストリーですが、どの様な人物像をイメージしてい頂いているのか気になるところです。見た目は髭メガネのアラフォーおやじ。外見と声が一致していないと、よく言われます。

    ページのトップへもどる

  • 本杉 美記野(Mikino Motosugi)


    • パプリカ(イエロー) 写真


       

      パプリカ(イエロー) 写真

       


       静岡県牧之原市に生まれ育ち、子どもの頃は野山を駆け回るのが大好きでした。のんびりおっとりの性格なのに、思い込んだら突き進むタイプ。将来は看護師になりたいと思ったら最短コースでなると決め、高校から衛生看護科に進学。その後、短大を経て静岡県内の総合病院に就職し、看護師として12年間勤めました。その間は脳神経外科、小児科、NICU(新生児集中治療室)、救急室を経験。当時は命じられるままの異動でしたが、今思えば、新生児から老人まで、また別の言い方をすれば生まれた瞬間から看取りまで、そして全身の観察や管理を必要とする部署を経験してきたことは、今の仕事への導きだったのかもしれません。


       救急室へ勤務していた時、搬送されてくる様々な患者やその背景に触れ、病院に来る前に何か命を守ることはできないか考え始めます。ちょうどその頃出会った森林療法を機に、子どもの頃から好きだった自然を通して命を守りたい、命のことを伝えたいと思うようになり、インタープリターになることを決意。公益財団法人キープ協会に実習生を経て就職し、八ヶ岳の南麓で子どもたちの自然体験や森や渓谷のガイド、森林療法などを通しての環境教育を行ってきました。子どもキャンプではインタープリターの役割だけでなく、看護師の役割も担当してきています。現在は同団体が管理運営する、日光国立公園 那須平成の森に配属となり、広大な森の中でインタープリターをしています。


       WMAと出会ったのは環境教育の世界に入って間もなくの2008年。野外活動に関わることにはなったが野外でケガや病気に遭遇しても、これまでは器具が揃い人もいる室内でしか処置をしたことがなく、その現場でどう判断・処置すればよいのか知りたいと思っていました。ちょうどその頃にWFRコースを知り受講。まだWMAのコースが日本に入って2年目でした。その時の内容は医療者としても納得するもので、系統だったカリキュラムと体験から学ばせる手法は、看護師の視点からもインタープリターの視点からも、目から鱗だったことを覚えています。そして、自然の中での医療、病院に搬送される前の医療に興味を持っていた私は、森林療法と同じ意味で、野外・災害救急法という分野に興味を持つことになります。その後インストラクターを日本でも養成する話を受け、見習い期間を経て2013年にアシスタントインストラクターになりました。


       趣味は、学生時代はオリエンテーリングで森を走ることに熱中し、社会人になってからはバイクの免許をとるなどアクティブな活動が大好きでした。でも今は野外の仕事がメインとなり、さらにインタープリターとインストラクターのWワークとなってからは、休みは家でのんびりしている日が多くなったかも。でも元気になりたい時はやっぱり大好きな森へ。トレッキングをしながら木々の中にゆったり身を置くことで、森からパワーをもらっています。


    ページのトップへもどる

  • 寺田 達也(Tatsuya Terada)


    • パプリカ(イエロー) 写真


       

      パプリカ(イエロー) 写真

       


       「頭で考えるより先に体が動く…」「落ち着きがない…」こんな言葉そのままに東京・日野の地ですくすくと育ってきました。小さいころから外へ出かける機会は多かったのですが、この性分が災いしてケガばかり。ある時は頭を打ち、ある時はフジツボで足をザックリ、またあるときは飛び込んだ川で溺れ…。今思い返すとほんとうに「しょうもない」子どもでした。


       月日は経ち、大学生になって野外教育の団体「(公財)ひの社会教育センター」で子どもの自然体験ボランティアとして活動をしていた2008年に、たまたまチラシで手にした「Wilderness First Responder講習会(9日間)」に参加したのがWMAとの出会いでした。(当時は通訳がいるものの、外人のインストラクターによる英語の講習で、救急の勉強か英語の勉強かもわからないほどで…)後で知ったのはWMAが日本に入ってきて2年目の事でした。その時の感想は「なんかスゴイ知識技術を学んだ!」そんな程度だったように記憶しています。


       それから2年後の2010年、大きな雪崩事故に遭遇し救助に駆けつけることがありました。その時の現場状況と後の反省からWMA救急法の偉大さを痛感、それからも時を同じくして山での事故や傷病者に遭遇する機会がぐっと増え、日に日にWMAの価値を再認識すると共に、より多くの国内の人に伝えねば!という使命感が勝手に湧き出してきました。


       2012年に講習主催者として「Wilderness First Aid-TOKYO」という任意団体を設立し、WMA講習会を3年ほど首都圏にて招致開催。2015年からはWMAJの広報窓口に就任し、2008年に感じた衝撃を多くの人に共有すべく、ワークショップや講習会の場で広報活動やインストラクションに勤しんでいます。併せて自分のスキルを高めるために救助救急に関わる様々な講習会に参加し、トレーニングの機会を課しています。


       個人的には「やってみたい!」と思ったことは何でもやらないと気が済まない男で、アウトドアメーカーに勤務して店舗販売をしてみたり、ラフティングガイドの仕事に触れてみたり、トレッキングガイドなんかもさせてもらう機会がありました。


       2010年からは(公財)社会教育協会で自然学校の部署にも在籍し、子どもたちを連れて山川雪へと「外で遊ぶこと」を主の仕事にしつつ、冬はスキー場でパトロールをしたり、都市型の救急法のインストラクターもしていたりと、「何の仕事をしてるの?」と聞かれると答え方に困るような日々を送っています。


       夏はシャワークライミングやカヤックなどの水あそび、冬はバックカントリースキーやら雪遊び、年間通して山を楽しみ、自然とのかかわりを満喫しています。


       どうも昔から海へのかかわりが少ないことに最近気づき、圏央道も繋がり「海が近くなった」ことから、今度はマリンスポーツにでも手を出すか…。とまたどうしようもないアイディアが広がっている今日この頃です。。


    ページのトップへもどる